前へ
次へ

好立地で格安物件もある東京のシェアハウス

共用スペースを備えた賃貸住宅がシェアハウスの基本です。
もちろん東京の好立地にあって個室があり

more

渋谷のシェアハウスは清潔で明るい雰囲気です

若い年代の人は東京で進学をしたり、就職をするために親元を離れる人が多いです。
憧れの東京で新生

more

渋谷でシェアハウスの利用を検討しているなら

今の段階で、東京都渋谷区のシェアハウスの利用を検討しているなら、確かに昔に比べてもかなり多くなってき

more

気をつけたいシェアハウスについて

賃貸マンションで一人暮らし、それに比べると光熱費のお得さが魅力に映るのはシェアハウスでしょう。
電気やガス会社も自由化しており、基本料金の仕組みも含めて、複数者で分担する共益費になっているほうがトータルで割安です。
最近では、資産運用の目的から、個人がシェアハウスのリノベーションを手がけ、賃貸管理まで担っていますが、オール電化にしたり、光熱費を見える化するなど、機能性の高い設備を搭載させています。
家電も例外ではなく、省エネ対応であったり、節電や節水、節約できるタイプを取り付けています。
電気、あるいはガスを入居者に気を使わずに使いたい人に定額制は向いているでしょう。
また、シェアハウスに入居するにも審査があります。
同居する者との人間関係であったり、家賃を滞納しない人物であるのか、収入や仕事についても審査されます。
賃貸契約締結してからは、様々なルールを入居者は守らなければなりません。
例えば、友達や家族の訪問はいつでも大丈夫なのでしょうか。
こうしたルールは、不動産屋(賃貸管理会社)によって一概にはいえません。
24時間訪問を可能にしていたり、入居者の中に未成年者がいる場合には時間制限(申請)がついていることもありますが、訪問不可ということはありません。
ちなみに、最近のシェアハウスでは女性専用であったり、1フロアだけ女性専用とするパターンがあります。
この場合、大概、異性の訪問不可といわれています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren3set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

シェアハウスに住む者には、一般教養があり、マナーやルール、モラルがあることが条件です。
ちなみに、社会人もシェアハウスに住んでいますが、住民票を移すことも可能です。
現住所での証明が必要となる手続きなどもあるでしょう。
ウィークリーマンションなどでは移せないことが少なくないようですが、長期滞在を考えるならば、一応は確認しましょう。
一戸建てタイプなら、ポストが共同である可能性も否定できません。
プライバシー保護のために、宅配ボックスなどの設置も相談してみましょう。
また、社会人ならばインターネットも利用可能ですが、個人的にプロパイダ契約ができないパターンが多いので注意しましょう。
もちろん、有線と無線LANの違いもあり、LAN利用ならば「共同利用」ですから、セキュリティー対策などもしっかり行いましょう。

Page Top